[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

 

特集
レシピから調理のポイント、お役立ち情報まで徹底紹介!
アボカド料理
Recommend レシピの提供 料理家 村松りん 〜RIN's KITCHEN〜
特集ラインアップはこちら
くせがなく、ボリューム感もあって人気の高い食材「アボカド」。アボカド単体をそのまま食べてももちろん美味しいですが、いろいろな料理に活用してみたいという方も多いのではないでしょうか。
そこで今月の特集は「アボカド料理」。おすすめの料理レシピはもちろん、お役立ち情報も満載です!!
アボカドと魚介のセビーチェ アボカドユッケの葉っぱ包み
アボカドシュリンプ明太丼 アボカドカルボナーラ
Other Recipes
サーモンとカマンベールのアボカドタルタルサンド
きゅうりとアボカドのサラダ カレー風味
マグロとアボカドのハーブサラダ
アボカドとベーコンのココット
トマトのファルシー
アボカドときゅうりのねぎ塩ナムル
アボカドとまぐろの白あえ
まぐろの漬けとアボカドのサラダ
アボカドのサブジ
カラフルデコレーション寿司
アボカドとえびのカレータルタル
耳パンスティック
アボカドの肉巻きチリソース丼
アボカド入りピリ辛えびマヨ
   
ワンポイント・コラム

アボカドの基礎知識

日本では1980年代以降ポピュラーな存在となった果物です。
「森のバター」と呼ばれるほど濃厚でクリーミーな味わいが特徴。栄養も豊富で、たんぱく質、ミネラル、ビタミンなどを豊富に含んでおり、脂質も多いですが、そのほとんどは不飽和脂肪酸のオレイン酸です。

目利きのポイント

食べ頃のものは皮が黒っぽく、触ると少しやわらかい状態です。皮にツヤがあってしなびていないものを選びましょう。黒すぎるもの、やわらかすぎるものは熟しすぎの場合もあるので注意。皮が緑色のものはまだ果肉が硬いので購入後しばらく熟させる必要があります。

食べ頃と保存のコツ

前述の通り、皮が黒っぽく、触ると少しやわらかい状態が食べ頃です。
保存方法は、未熟のものを早く熟成させたい場合は室温で置いておくと熟成が進みます。逆に涼しいところに置いておくと熟成を遅らせることができます。熟したものは冷蔵庫で保存してもよいでしょう。
変色しやすいので、一度むいたらなるべく食べきるようにします。残す場合は種をつけた状態でラップでしっかりと包んで野菜室で保存するとよいでしょう。

むき方・調理のコツ

むき方は以下の通りです。

  1. まず縦中央に種にあたるまでぐるりと包丁で切れ目を入れる。
  2. 両手で半球ずつ逆方向へひねるように回して縦半分に割る。
  3. 種に包丁の角を刺し、包丁を回転させて種を取る。
  4. さらに縦半分に切って四等分にし、手で皮をむく。

空気に触れてしばらくすると黒く変色するので、皮をむいたらすぐにレモン汁をかけて変色を防ぎます。

手軽なアボカド料理

手軽なアボカド料理をいくつかご紹介します。

そのままわさび醤油で

皮をむいたアボカドを適当な大きさに切り、そのままお刺身のようにわさび醤油でいただきます。

味噌漬けにして

皮をむいたアボカドに少しお酒かみりんを加えた味噌を塗りつけラップで包んで冷蔵庫に1日置いておくだけ。さっと水洗いして水気をふきとっていただきます。

ディップペースト

アボカドをスプーンでかきだし、トマト&玉ねぎのみじん切りと混ぜあわせてペースト状に。塩で調味したら出来上がり。パンやクラッカーにつけて、もしくはそのままでいただきます。

皆さまからお寄せいただいた“アボカド”に関するお役立ち情報
いつもレモンをかけて変色を防ぎますが、ペースト状にした時はアボガドの種を入れておくと変色が防げます。
だし醤油につけてマグロ丼のようにして食べます。そうするとアボカドが苦手な方でもおいしく食べられます。
アボガドをフランスパンに乗せて、チーズをトッピングしてトーストする♪これが一番好きです。
そのまま食べるのがすきですが、皮つきのままその上にマヨネースを乗っけて、グリルでやいてもまたおいしいです。
ワサビ醤油で食べるのが一番です。
オムレツを焼くときに中に小さく切ったアボカドを入れて焼く。
アボカドをサイコロ状に切り、サルサソースと混ぜて食べると最高です。
ハンバーグを作る時、ミンチとアボガドで作ります。
アボカドをサイコロ状に切り、木綿豆腐を軽くつぶしアボカドと和える。
スライスしたアボカドを普通に天ぷらの衣をつけて揚げる。フライの衣をつけて揚げる。天ぷらは好みのお塩を振って食べるとアボカドの美味しさを深く味わうことができるように思います。
アボカドを細かく切って、餃子の具にする。
わさび、マヨネ−ズ、しょうゆをまぜたソ−スをかけて食べると最高!!
よく熟したアボカドとコロコロに切った蒲鉾ときゅうりをわさびマヨネーズで和えたものが我が家では人気です。
熟れる前のアボカドの皮をむいてしまった時。炒め物等加熱すると美味しく食べられる。
熟したアボガドを潰して、塩コショウとレモン汁で味を調え、アボガドソースを作る。後は、油っけの少ない魚(例:タラ、鯛等)を焼いて、先ほどのソースをかけて食べる。これが我が家の定番です!!調味料の量はお好みで・・・貝にも合います。
アボカド納豆…【材料】アボカド:1/2個、納豆:1パック、わかめ(インスタントでよいが戻しておく):適量、納豆に付属のたれ(なければ醤油):適量 【作り方】1.アボカドはサイコロ状に切っておく。2.戻したわかめは食べやすい大きさに刻む。3.納豆はたれと混ぜておく。4.ボウルに1.2.3のものすべて入れてまぜる。5.醤油で味を調える。
おすすめレシピ…1.オリーブオイル、黒胡椒を軽く振って生ハムを乗せて食べる。2.適当に刻んだアボカドにオリーブオイル、塩・黒胡椒、レモン汁を振って、トマト、玉ねぎを刻んで混ぜ、パンに乗せて食べる。3.アボカドとプロセスチーズ、づけマグロを同じくらいの大きさに切り、わさび醤油であえて、海苔に巻いて食べる。
アボカドの料理は皆さんが応募されるでしょうから、私はその後に残った種を育てることをお教えいたします。もう何年も前から水につけているだけで(ただし水はまめに替えないとだめですが。。)発芽してから植木鉢に植え替えて育てています。実はつかないですが観葉植物としてグリーンがとてもきれいで部屋のアクセントにとてもいいです。

このページのトップへ

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ