[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

さんまの蒲焼き

3枚におろしたさんまを甘辛のたれにからめます。お酒にもご飯にもよく合う一品です。

さんまの蒲焼き

ジャンル 和食
作りやすさ ほどほど
調理時間 20分
カロリー 360kcal

この料理に合う飲みもの

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

印刷する

材料(2人分)

さんま
2尾
長ねぎ(白い部分)
1/2本
ししとう
4本
ひとつまみ
大さじ1
A{ しょうゆ:大さじ2、酒:大さじ2、みりん:大さじ2、砂糖:小さじ2、水:大さじ2 }
小麦粉
適量
サラダ油
大さじ1
白ごま
適量
粉山椒
適量
  1. さんまはさっと水で洗って水分をよくふき取り、3枚におろして腹骨を取り、半分に切る。塩ひとつまみと酒大さじ1をふりかけてよくからめ、5分ほど置いて下味をつける。
  2. 長ねぎを3〜4cmに切り、ししとうは2〜3ヶ所穴をあけておく。
  3. {A}の材料をよく合わせておく。
  4. 【1】のさんまを、ペーパータオルなどで水分をよくふき取り、まんべんなく小麦粉をつけてから余分な粉を叩いて落としておく。
  5. フライパンを熱してサラダ油を入れ、【5】のさんまを身側から焼き始め、長ねぎも一緒に焼いていく。身側が色よく焼けたら長ねぎとともに裏返し、ししとうも加えて一緒に焼く。
  6. 1分ほど焼いたらいったん火を止め、まるめたキッチンペーパーでフライパンの中の余分な脂をきれいにふきとる。再び火をつけて強火にし、鍋肌から【4】のたれを加えて煮立てる。手早く煮からめて照りが出たら火を止める。
  7. さんまとねぎ、ししとうを皿に盛り、たれをかけて白ごまと粉山椒をふりかけたら出来上がり。

ポイント&アドバイス

さんまは魚屋さんに頼んで3枚におろしてもらうと調理が楽になります。
さんまから出た脂が多いとたれがからみにくいので、たれを加える前によくふきとります。面倒なら別の鍋でからめてもOKです。
たれは強火で手早く煮からめて照りを出します。余熱を考え、煮詰めすぎて焦がさないように注意しましょう。

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ