[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

 

鯛の錦巻き

おかひじきと、薄焼き卵の彩りがキレイです。

鯛の錦巻き

ジャンル 和食
作りやすさ ほどほど
調理時間 60分
カロリー 105kcal

この料理に合う飲みもの

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

印刷する

材料(4人分)

鯛(柵状のもの)
150g
鯛昆布〆用(塩:適量、昆布:適量、酢:適量)
おかひじき
2パック
1個
しょうが
25g
土佐酢(酢:50cc、だし:75cc、しょうゆ:15cc、砂糖:大さじ1/2、削りかつお:適量)
  1. 鯛は薄いそぎ切りにし、薄く塩をする。
  2. 昆布は適当な長さに切り、酢を染みこませたふきんで両面をふき、【1】を並べる。同じようにした昆布を上に重ねてはさむ。ラップをして冷蔵庫で30分おく。
  3. 土佐酢を作る。削りかつお以外の分量の調味料を合わせ、火にかけ沸騰直前に削りかつおを入れ火を止め、これをこして冷ます。
  4. しょうがは針しょうがにし、かるく水洗いする。
  5. おかひじきは塩を入れた熱湯でボイルし冷水で冷まし、よく水分を絞り適当な長さに切る。
  6. 卵は薄焼き卵にする。
  7. 巻き簾の上に横に長めのラップをしき、【6】をのせ、その上に【2】で昆布〆した鯛をのせて【5】をちらし【4】を芯になるように置く。これを手前から巻き、ラップで飴を包むように包み、両はじをねじり折りたたむ。これをさらに巻き簾で巻いて形を整えてから、両端を竹串で穴をあけ空気を抜く。これを冷蔵庫で少しおく。
  8. 【7】を一口大に切り、【3】をつけていただく。

ポイント&アドバイス

薄焼き卵を破れないように作るには、十分にフライパンを熱し(煙がでるくらい)、いったん火を弱めて温度を下げ、油を多めに入れるとうまく焼けます。
土佐酢で使うしょうゆは、薄口しょうゆの方が色合い的によいのですが、ない場合は普通のしょうゆでもOKです。

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

「鯛(たい)」で作れる人気のレシピ

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ