[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

 

ひな寿司

薄焼き卵の着物をまとった、キュートなおひなさまです。

ひな寿司

ジャンル 和食
作りやすさ わりと本格派
調理時間 60分
カロリー 465kcal

この料理に合う飲みもの

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

印刷する

材料(2人分)

ごはん
2合
寿司酢(酢:20ml、砂糖:12g、塩:4g)
具(にんじん:2cm、干ししいたけ:2枚、油揚げ:1/2枚、だし:1/2カップ、みりん:大さじ1、砂糖:大さじ1、しょうゆ:大さじ1、酒:小さじ2)
飾り(薄焼き卵:4枚、ゆでたにんじん:1cm、ゆでた絹さや:2枚、桜でんぶ:適量、海苔:適量、うずらのゆで卵:4個、黒ごま:8粒、白ごま:適量)
  1. 具の準備をする。油揚げは油抜きし、干ししいたけは水で戻す。にんじん、干ししいたけ、油揚げを細切りにし、ほかの材料とともに鍋へ入れ、弱火で煮汁がなくなるまで煮込み、冷ましておく。
  2. 寿司飯を作る。ごはんが熱いうちに、うちわなどで扇ぎながら寿司酢と混ぜ合わせる。
  3. 【2】の粗熱が取れたら先に準備しておいた具と混ぜ合わせ、4等分にして丸めておく。
  4. お内裏様を作る。丸めた寿司の表面(襟元になる部分)に白ごまをつける。薄焼き卵を着せ、ゆでた絹さやを持たせてから海苔の帯でとめる。
  5. お姫様を作る。丸めた寿司の表面(襟元になる部分)に桜でんぶをつける。薄焼き卵を着せ、扇形に切ったゆでたにんじんを持たせてから海苔の帯でとめる。
  6. 仕上げをする。うずらのゆで卵に黒ごまで目をつけ、それぞれのひなの上に乗せる。

ポイント&アドバイス

薄焼き卵を着せる時は、薄焼き卵の両端を落として四角くしてから巻きましょう。
うずらの卵の表面を少し濡らしておくと、黒ごまがつきやすくなります。

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ