[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

えのき茸と鮭フレークの厚焼き玉子

えのきと鮭の組み合わせが美味しい一品です。

えのき茸と鮭フレークの厚焼き玉子

ジャンル 和食
作りやすさ ほどほど
調理時間 18分
カロリー 136kcal

この料理に合う飲みもの

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

印刷する

材料(2人分)

鮭フレーク(ほぐし身)
大さじ1
小さじ1/2
えのき茸
1/8株(12~13g)
2個
だし汁(好みで)
大さじ1~3
みりん
小さじ1/2
少々
サラダ油
適量
大根おろし
適量
しょうゆ
適量
  1. 鮭フレークは酒をまわしかけておく。
  2. えのき茸は根元を切り落とし、熱湯でさっとゆでて水に取り、冷めたらキッチンペーパー等で包むように押さえて水気を切り、細かく刻む。
  3. だし汁に、みりん、塩を加えて混ぜる。【1】【2】を加えて全体を混ぜる。
  4. 卵をほぐし(箸の間に隙間を空けた状態でまっすぐ立て、ボウルの底に箸の先が当たっている状態で手早く10~12往復し、ボウルを回転させながら10~12往復)、【3】を加えてさらにほぐす(ボウルを回転させながら10~12往復)。
  5. 卵焼き器に薄く油をしき、強火で十分に温めてから中火にかえ、【4】を半分ほど流し込み、大きな気泡を潰しながら焼き、半熟になってきたら3つに畳んで奥に寄せ、開いた部分に油をしいて、【4】の残りを全て流し入れ、1拍置いてから卵焼きの下にも卵液が入るように、卵焼きを浮かせるようにしてまだ焼けてない卵液を流し入れ、大きな気泡を潰しながら焼き、半熟になってきたら、卵焼きを奥から手前に畳む。
  6. ヘラで上や横から押さえて卵焼きの形を成形し、火からおろす。
  7. 食べやすいサイズに切り分けて皿に盛り、大根おろし、しょうゆを添える。

ポイント&アドバイス

だし汁が多いほど焼くのが難しくなります。
卵は混ぜずに卵白をほぐすように溶きましょう

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ