[ここから本文です。]

 

春の和風行楽弁当

春らしい食材をたっぷり用いた和風の行楽弁当です。

春の和風行楽弁当

ジャンル 和食
作りやすさ わりと本格派
調理時間 120分
カロリー 730kcal

この料理に合う飲みもの

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

印刷する

材料(4人分)

桜とグリーンピースのおにぎり(ご飯:300g、桜の塩漬け:適量、グリーンピース:20g、塩:適量)
ごま味噌焼きのおにぎり(ご飯:300g、味噌:大さじ2、砂糖:大さじ2、白ごま:小さじ2、塩:少々、大葉:4枚)
じゃがいものフライ~三色団子風~(新じゃがいも:約10個〈600g〉、紅生姜:適量、青海苔:適量、粉チーズ:適量、塩:適量)
ほたて貝柱の2種焼き(ほたて貝柱:16個、みりん:大さじ1、醤油:大さじ2、酒:大さじ2、卵黄:1個、木の芽:適量、塩:適量)
そら豆とうどの梅酢和え(そら豆:200g、うど:100g、梅干し:2個、酢:小さじ2、はちみつ:小さじ1、だし:小さじ2)
  1. 桜とグリーンピースのおにぎりをつくる
    (a)グリーンピースは塩を入れたお湯でボイルし、桜の塩漬けは表面の塩を水で洗って水気をしぼり、手で細かくちぎる。
    (b)ご飯と(a)を混ぜ、手をぬらして握る。
  2. ごま味噌焼きのおにぎりをつくる
    (a)味噌・砂糖・白ごまを合わせ、よく混ぜる。
    (b)手をぬらし、少し塩をつけてご飯を握る。
    (c)(b)の片面に(a)をぬり、中火のグリルで味噌に焼き色がつくまで焼く。
    (d)(c)を大葉で挟む。
  3. じゃがいものフライ~三色団子風~をつくる
    (a)じゃがいもは皮をむいて水にさらす。卸金でこれをおろし、さらしや布巾で少し水分の残った耳たぶくらいの硬さにしぼる。(この時ざるで水分を切るとでんぷんが流れてしまう。)
    (b)(a)を3等分に分ける。それぞれに、細かく刻んだ紅生姜と塩、粉チーズと塩、塩をまぜて丸める。(粉チーズと混ぜるものは塩を少なめにする。)
    (c)120度ぐらいの油に入れ、徐々に温度を上げる。
    (d)塩だけのものは揚げたてに青海苔をまぶす。
    (e)それぞれひとつずつ、計3個を1本の串に刺す。
  4. ほたて貝柱の2種焼きをつくる
    (a)みりん・醤油・酒を合わせ、貝柱半分を一晩漬け込む。
    (b)残り半分の貝柱は両面に塩をする。グリルで両面を焼き、7割ほど火が通ったら卵黄を塗りながら、さらに両面2~3回焼く。
    (c)(a)もグリルで両面焼き、焼きあがったら包丁で叩いた木の芽をふる。
    (d)(b)・(c)を串に刺す。
  5. そら豆とうどの梅酢和えをつくる
    (a)そら豆は塩の入ったお湯でボイルし、氷水で冷まして皮をむく。
    (b)うどは厚めに皮をむいてスライスし、酢水に漬けておく。
    (c)梅干しは種を取って包丁で叩く。これに酢・はちみつ・だしを混ぜる。
    (d)(a)・(b)を(c)で和える。
  • Facebook
  • Twitter
  • Line