[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

 

さんまの蒲焼き

脂ののったさんまを甘辛ダレでいただきます。

さんまの蒲焼き

ジャンル 和食
作りやすさ ほどほど
調理時間 30分
カロリー 272kcal

この料理に合う飲みもの

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

印刷する

材料(4人分)

さんま
2尾
小麦粉
適量
粉山椒
お好みで
たれ(酒:大さじ2、砂糖:大さじ2、しょうゆ:大さじ5、みりん:大さじ4、しょうがのしぼり汁:小さじ1)
サラダ油
適量
  1. さんまは3枚におろし、10分ほどたれに浸しておく。
  2. さんまの汁気を切って小麦粉を薄くまぶし、余計な粉ははたき落とす。
  3. フライパンを中火にしてサラダ油を熱して身の方を下に向けて並べ、フライパンを揺するようにしながら色よく焼く。
  4. 身の部分が焼けたら裏返して、皮の方も同様に焼く。
  5. 火が通ったらいったん取り出し、弱火に変えて蒲焼きのたれを加えて軽く煮詰め、さんまを戻してたれを絡ませるように両面を焼く。
  6. お皿に盛りつけ、好みで粉山椒をふってできあがり。

ポイント&アドバイス

さんまの小骨が気になる方は、3枚におろしたらピンセットで抜いておきましょう。
さんまをタレにつけすぎるとしょっぱくなるので、浸し時間は10分を目安にします。
さんまを皮の方から焼くとコゲ味が強くなるので、身の方から順番に焼くようにしましょう。
たれにしょうがのしぼり汁を入れると、さんまの臭み消しになるほか、ピリッと味をひきしめてくれます。

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ