[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

レシピ提供
齋藤 優

ギネスで煮込んだ柔らか牛丼

時間と手間のかかるイメージがある煮込み料理。今回は、そんな煮込み料理を簡単にアレンジした、ギネスを使ってつくる牛丼をご紹介。ハッシュドビーフをつくる要領で、柔らかくて旨味たっぷりの牛丼をつくることができます。

ギネスで煮込んだ柔らか牛丼

ジャンル 洋食
作りやすさ とっても簡単
調理時間 20分
カロリー 801kcal

この料理に合う飲みもの

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

印刷する

材料(2人分)

ギネスビール
200cc
牛肉(薄切り)
200g
玉ねぎ
1/2個(60g)
しらたき
1/3袋(60g)
セロリ
1/5本(30g)
にんじん
1/5本(20g)
にんにく
1片
トマト缶(ホール)
100g
ケチャップ
大さじ1
コンソメ(キューブ)
2個
オリーブオイル
小さじ1
ごはん
400g
バター
20g
ブラックペッパー
適量
  1. 玉ねぎは薄切り、しらたきは食べやすい大きさに、セロリ、にんじんは皮をむいて斜めに切る。にんにくはスライスする。
  2. フライパンにオリーブオイルを熱し、にんにくを炒める。香りが出てきたら玉ねぎ、しらたき、セロリ、にんじんを加えてさらに炒める。
  3. を加えて炒め、色が変わったらギネスビール、トマト缶、ケチャップ、コンソメを加えて中火で5分煮込み、ブラックペッパーで味を整える。
  4. 別のフライパンにバターを熱し、ごはんを加えて炒める。できたバターライスを器に盛り、③をかける。

ポイント&アドバイス

・ご飯は、牛肉の旨味に良く合う、バターライスがおすすめです。
・ギネスビールを使うことで旨味と苦味をプラス。大人の味に仕上がります。

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ