[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

秋の特集

2020.10

キリンラガービールに合う料理

2020年に10年ぶりにリニューアルした、キリンラガービール。
今回のリニューアルでは、本格ビールの飲みごたえはそのままに、苦味の「質」を高め、よりバランスのとれた飲み飽きない美味しさを実現しました。
そこで今月の特集は「キリンラガービールに合う料理」!キリンラガービールに関する情報も満載です!

レシピ提供
  • フードスタイリスト 川崎万里
  • 料理家 村松りん 〜RIN's KITCHEN〜
  • 岩井 江里日
  • 料理レシピ検索しゅふしゅふ~ず
  • 料理家 高谷亜由
  • レストラン『Beaux(ボウズ)』オーナーシェフ 狐塚俊一

こちらもおすすめ

ワンポイント・コラム

キリンラガービールの歴史

「キリンラガービール」は、まだ日本でビールが普及していなかった1888(明治21)年に、キリンビールの前身であるジャパン・ブルワリー・カンパニー(1885年~1907年)から「キリンビール」というブランドで発売されました。ビールの本場ドイツから設備を取り寄せ、ドイツ人醸造技師を招き、本格ビールを目指して醸造を行い、「キリンラガービール」に名称が変わって今日に至るまで、130年以上飲み継がれてきました。「キリンラガービール」は、醸造技術と品質を磨いてきた、キリンビールのものづくりの原点です。

キリンラガービールの歴史については、こちらでもご紹介しております。

開発担当者が語る、キリンラガービール リニューアルへの想い

誕生から132年を迎える2020年のリニューアルは、29歳の新進気鋭の若手技術員、山口景平が開発を担当しました。
長い歴史のなかでキリンラガービールが確立してきた個性、いつの時代も愛され続けるビールであるための取り組み、そして受け継がれてきた伝統や技術について、今回味のリニューアルを担当した山口景平と、キリンのマスターブリュワーを務める田山智広が対談を行いました。
対談記事については、下記バナーよりご覧いただけます。(※外部サイトに遷移します)
キリンレシピノートでは、この対談を一部抜粋してご紹介いたします。

対談記事からの抜粋

そもそも、なぜ商品はリニューアルするのか?
田山)私たちが商品をリニューアルするのには、2つの理由があります。ひとつは、時代の流れによる食文化やお客様の嗜好の変化に対応していくため。もうひとつは、最新の技術でよりクオリティの高いビールを作りたいからです。
キリンラガービールは我々にとって大切な魂のような商品です。だから、このビールは過去のノスタルジーに浸るためのブランドじゃなく、いつの時代でも皆さんの心の真ん中にあるブランドでなければいけない。そういう意味でもリニューアルはいいきっかけ作りになると思っています。
今回のリニューアルで目指したビールについて
山口)キリンラガービールは、10年間この味でずっと親しまれてきたビールです。今のままでも愛されているビールを、さらに美味しくするにはどうしたらいいのかと悩んだ末に、辿り着いたのが「苦味の質」というポイントでした。
キリンラガービールの特長である飲みごたえや苦味のバランスをきちんと引き継ぎつつ、この伝統的な苦味がもっと爽快で心地よく、「もう1杯飲みたいなぁ」と思えるような味を目指しました。
キリンラガーは「教科書」のような存在
山口)伝統の重みをひしひしと感じながら開発させていただきました。試作にあたりお客様の声をたくさん聞くなかで、キリンラガービールがいかに愛されているかを実感しましたし、リニューアルによって味が変わることを心配されている方がいることも知りました。そういうことを踏まえたうえで、どう変えるか非常に悩みましたね。
お客様の声と同様に大切にしたのは、これまでキリンラガービールを作ってきた諸先輩たちの考えです。キリンラガービールの改良は、これまで先人たちがたくさんの苦労を重ねていて、その記録が手書きの書類として保管されているんです。今回のリニューアルに取り組むにあたって、先輩たちの技術的な試みや、過去のリニューアル経緯などの記録を読みながら、次なる一手を考えました。
完成したのは世界に誇れる日本の傑作ラガービール
田山)苦味の質を上げることと、飲み飽きない味わいの両立がとても上手くできたと思います。「リニューアルして苦くなくなった」という声もありますが、実は全然そんなことはないんですよね。いい苦味というのは、苦さを意識させない苦味だと思っているので、そういった意味で狙い通りに仕上がりました。極上の苦味を楽しんでいただけると思います。
山口)以前のキリンラガービールに比べて、苦味の中にある渋さが軽減したと思います。それによって雑味が改善できたので、次々と飲みたくなるような味に仕上がった自信があります。ですから、昔からキリンラガービールを飲んでくださっているファンの方々には、以前よりも質の上がった苦味と、変わらない飲みごたえを楽しんでいただきたいです。これまで「苦いビール」というイメージで飲んだことのなかった方も、日本食に非常に合うビールなので、一度体験していただけたら幸いです。

対談記事の全文はこちらからご覧いただけます。(※外部サイトに遷移します)

愛好家に聞いた、「わたしがキリンラガービールを好きな理由」

キリンラガービールを長年愛してくださった方々、そして、これからを期待してくださる方も。キリンビール公式noteでは、キリンラガービールに関する寄稿を、2020年10月に順次公開いたします。ご紹介するのは3名。それぞれのストーリーをお楽しみください。

記事はこちらからご覧いただけます。(※外部サイトに遷移します)

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ