[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

冬の特集

2016.1

大人が楽しむチョコレート

今月の特集は「大人が楽しむチョコレート」。
チョコレートといえばスイーツの王様といった存在ですが、実は味わいにコクや深みを出すため肉料理のソースなどに使われることもあるってこと、ご存じでしたか?
今回キリンレシピノートは、バレンタインデーのディナーにもぴったりのチョコレートを使ったお料理と、そのままプレゼントにもなる手作りスイーツをご紹介!
そして、実はチョコレートは、ウイスキーととても相性がいいのです。大人のウイスキーの楽しみ方として、バー「ドンナ・セルヴァーティカ」のオーナー・古屋敷幸孝さんにウイスキーとチョコレートのマリアージュ(美味しい組み合わせ)についても詳しくご紹介いただきます。

ワンポイント・コラム

大人のチョコレートの楽しみ方“ウイスキーとチョコレートのマリアージュ”

バー「ドンナ・セルヴァーティカ」のオーナー・古屋敷幸孝さんにお聞きしました!ウイスキーとチョコレートは、熟成感など互いの風味の強さが近く、マリアージュには最適です。マリアージュを楽しむポイントは大きくふたつです。

お酒とチョコレートを合わせるタイミングを計る

比較的ビターな余韻を持つ「ビター型チョコレート」
チョコレートを食べた余韻のある間に、お酒を飲んでください。
甘さ、苦み、酸味のバランスが整っている「バランス型チョコレート」&「ミルクチョコレート」
チョコレートとお酒を口の中でミックスして味わってください。

お酒の温度に注意

ストレートなど常温のお酒
良質のカカオ豆の品質を最大限生かした製法の「ファインチョコレート」が最適です。
ロックなど冷たい温度のお酒
低温ではチョコレートは固まってしまい、風味が大きく損なわれます。
生クリームを使用した「生チョコ」を冷やして合わせるスタイルが最適です。

上記のポイントに留意して、さまざまなタイプのウイスキーとチョコレートの組み合わせにトライしてください。マリアージュで広がる味わいとともに、親しい方との「コミュニケーション・ツール」となり「生活に潤いをもたらすアクセント」になれば幸いです。

*ファインチョコレート
カカオを含む材料すべてが高品質で、カカオの風味を最大限に引き出す方法で製造されているチョコレート。

タイプ別ウイスキーに合うチョコレート

ジャパニーズウイスキー

富士山麓 樽熟50°
ダークチョコレート(カカオ分70%以上の比較的ビターな味わい)

華やかで軽やかな香りとクリアーで甘い風味を持つウイスキーです。
比較的ビターなチョコレートを合わせることで、お酒の軽やかさの印象に芳醇さを組み合わせます。チョコレートの深くビターな余韻に、ウイスキーのクリアーさがスムーズに乗り、絶妙な風味と長い余韻を導く、本格派のマリアージュです。

チョコレートを食べた余韻のある間に、お酒を飲んでください

バーボンウイスキー

フォアローゼズ°
ミルクチョコレート(カカオ分35%未満の比較的ミルキーな味わい)

バーボン特有のまろやかな甘い熟果実の味わいは、ミルクの風味に最高にマッチ。とろけるような「最高級の大人のスイーツ」を演出します。お酒が少々苦手な方にもゆっくり味わっていただける、お薦めのマリアージュです。

チョコレートとお酒を口の中でミックスして味わってください

スコッチウイスキー

ジョニーウォーカーブラックラベル12年(左)、ホワイトホースファインオールド(右)°
ダークチョコレート(カカオ分70%未満の比較的マイルドな味わい)

果実味豊かで厚みのあるスコッチ。
チョコレートの深いカカオの味わいを加えることで、より複雑で艶っぽい風味に導きます。加えてマイルドなチョコレートがお酒に甘味の印象をもたらします。お酒本来の風味を生かしつつ刺激感を抑え、親しみやすさを演出する上品なマリアージュです。

チョコレートとお酒を口の中でミックスして味わってください

カナディアンウイスキー

クラウンローヤル°
ミルクチョコレート(コーヒービーンズ入りのマイルドでミルキーな味わい)

花のように華やかな香り、まろやかで甘い風味を持つウイスキーです。コーヒービーンズのミルクチョコレートがマリアージュに最適。軽やかで華やかなお酒の香りに、コーヒーの香ばしさと深みが絶妙にブレンド。カリッとした歯ごたえも楽しい、ぜひトライしてみたい新食感マリアージュです。

チョコレートとお酒を口の中でミックスして味わってください

ハイボールやロック、水割りに合うチョコレート

ハイボール

ボンボンショコラ(キャラメル風味ガナッシュをミルクチョコレートでコーティング)

一杯のストーリーをゆっくり味わってください。まずはハイボール単独のさわやかな味わいを。少し時間が経って落ち着いた温度から、ボンボンショコラを合わせます。ゆっくり口の中でショコラを溶かして、ハイボールを少しずつ・・。甘いバーボン風味にキャラメルのコクが加わり、炭酸のちょっと跳ねるようなテクスチャーも楽しいマリアージュ。冷やした炭酸水に、氷を入れずにお楽しみください。
(ティスティングしたのは、フォアローゼズでつくったハイボールです。)

チョコレートとお酒を口の中でミックスして味わってください

ロック

生チョコレート(プレーンなミルク風味の生チョコレートを冷やして)

生チョコレートを冷凍庫に入れて数時間。氷のように固くなりませんのでご安心ください。ロックのように氷で冷やされたお酒には、お酒より低い温度に整えた生チョコレートが最適です。さわやかな甘い麦の風味のウイスキーに、チョコレートのミルク感がやさしくからみます。ぜひプレーンなミルク風味でお楽しみください。ウイスキーの風味が主役のマリアージュです。
(ティスティングしたのは、富士山麓 樽熟50°でつくったロックです。)り、炭酸のちょっと跳ねるようなテクスチャーも楽しいマリアージュ。冷やした炭酸水に、氷を入れずにお楽しみください。
(ティスティングしたのは、フォアローゼズでつくったハイボールです。)

チョコレートとお酒を口の中でミックスして味わってください

水割り

オランジェット(砂糖漬けのオレンジをチョコレートでコート)

まろやかなウイスキーの香りに、さわやかな柑橘系の香りが華を添えます。オレンジピールのほのかな苦みと酸味、甘くほろ苦いチョコレートの味わいに、ウイスキーの麦のほっこり感のある甘みがさわやかな深みを生み出します。気軽なイメージの水割りタイムを、豊かで深みのあるひと時に演出するマリアージュ。冷やしたミネラルウォーター(軟水)に、氷を入れずにお楽しみください。
(ティスティングしたのは、ホワイトホース ファインオールドでつくった水割りです。)

チョコレートとお酒を口の中でミックスして味わってください

バー「ドンナ・セルヴァーティカ」オーナー古屋敷幸孝プロフィール

建築デザインに長年携わった後、お酒、ショコラ、アートなどの発信地として、バー「ドンナ・セルヴァーティカ」を渋谷・神南にオープン。130種類以上のコニャック&アルマニャック、DRCフィーヌ&マール、スコッチモルト、伝説のグラッパ/ロマーノ・レーヴィなどのお酒とともに、40種類ほどのファイン・チョコレートを常備。チョコレートとお酒のマリアージュの世界を探求しています。2011年10月「美の壺(チョコレート)NHK・BSプレミアム」に出演。日本コニャック協会会員。一級建築士。

ドンナ・セルヴァーティカ
東京都渋谷区神南1-3-3 サンフォーレストモリタビル4F
TEL:03-6416-9272
【営業時間】午後6時~午前2時/LO午前1時30分
【定休日】日曜日
[ウスケバ]http://donna.usukeba.com/
[食べログ]http://r.tabelog.com/tokyo/A1306/A130601/13100624/

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ