[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

 

特集
レシピから調理のポイント、お役立ち情報まで徹底紹介!
ロゼワインでお花見弁当
Recommend レシピの提供 レストラン『Beaux(ボウズ)』オーナーシェフ 狐塚俊一
特集ラインアップはこちら
今年もお花見の季節がやって来ました!
そこで今月の特集は「ロゼワインでお花見弁当」!! ロゼワインのほのかなピンク色はお花見のイメージにぴったりですよね。新しいお花見弁当レシピのほか、屋外で食べるのにぴったりの各種料理レシピ&お役立ち情報をご紹介します!
おつまみ道場オリジナル「洋風おせち料理」
春キャベツのからし和え サラダ海苔巻き コールスローサラダ アスパラガスの生ハム巻き
れんこんのはさみ揚げ 鶏もも肉のごま味噌焼き スパニッシュオムレツ ナンのサンドイッチ
蛤(はまぐり)と菜の花のちらし寿司 いちご&パンナコッタ

Other Recipes
手早く作れる!簡単手作りお花見弁当
ちょっと贅沢に!本格グルメお花見弁当
洋風お花見弁当
春の和風行楽弁当
和風行楽弁当
洋風行楽弁当
和風お花見弁当
お花見フィンガーフード弁当
ピクルスの盛り合わせ
サーモンのゆずマリネ
かぼちゃのマリネ
オリーブのフライ
たらの芽とささみのフリット〜桜風味〜
鶏むね肉の黒ごまカツレツ
豚せんべい
手作りつくね 〜ピリ辛味噌だれ〜
たことじゃがいものピンチョス〜ガルシア風〜
カラフルプレート
桃色の卵焼き
ひじきのスップリ
韓国風海苔巻き
バジルたこめし
大学いも
簡単サブレ
ロゼワインに合うおつまみパスタ&パンケーキレシピを公開中。
詳しくは、日清フーズ様のホームページへ
ワンポイント・コラム

欧米で大人気!世界が注目するロゼワイン

ヨーロッパやアメリカではここ数年ロゼワインが大きなブームになっているのだとか。ロゼワインの「季節感」や「軽い味わい」が人気の理由で、若者や女性の間で人気が高いそうです。

桃や桜など、ピンク色の愛らしい花々に囲まれる日本の春にも、ほのかなピンク色のロゼワインはぴったりの組み合わせ。春の食材との相性もよく、お花見にはぴったりのお酒です。

ぜひ皆さんも今年はロゼワインでお花見を楽しんでみませんか?

お花見にぴったり!おすすめロゼワイン

爽やかな酸味とやさしい飲み口でお花見の料理とも相性ぴったりのおすすめロゼワインをいくつかご紹介します。

シャトー・メルシャン ももいろメルロー
シャトー・メルシャン アンサンブル ももいろ
日本のぶどうでつくられた日本のワイン。キャンディを思わせる華やかな香りと、厚みのあるしっかりとした味わいが楽しめます。

ブランドサイトはこちら

 
ピア・ドール ロゼ
ピア・ドール グルナッシュ・ロゼ
グルナッシュ品種から造られる、チェリーを思わせる華や かな香りと、やや甘口でエレガントな飲み口が特長です。

ブランドサイトはこちら

 
フロンテラ メルロー ロゼ
フロンテラ ロゼ
ルビーグレープフルーツ、ラズベリー、チェリーのアロマ。 程よい酸味と優しくふくよかなボディが、色々な食マッチの可能性を感じさせる辛口のロゼです。

ブランドサイトはこちら

 
カッシェロ・デル・ディアブロ シラーズ ロゼ
カッシェロ・デル・ディアブロ シラーズ ロゼ
シラーズ100%で造られたこのロゼワインは、ブラックベリーやラズベリーなどのフルーツ香に加え、スパイスのニュアンスも感じられます。

ブランドサイトはこちら

 
皆さまからお寄せいただいた“ワイン&お花見料理 ”に関するお役立ち情報
春先はまだ寒いので使い捨てカイロが必需品ですね(私は寒がりだから最低3個)。それと体の中から温まる生姜や唐辛子などの香辛料を少し多めにつかった料理にあったかいおでんなどがあったらいいと思います。
屋外でギンギンに冷えたビールを飲む方法を紹介します。たっぱに水を張って凍らせたものを準備します。常温のビールをそのタッパの氷の上でクルクルまわす。なんと10秒でビールはギンギンです。
シートを敷く前に新聞紙を厚めに敷いておくと、冷えないしお尻も痛くなりにくいです。
おすすめおつまみ『味噌ごぼうチップス』ごぼうをスライスして片面に赤味噌を少々つけて油で軽く揚げる→完成♪これは、ワイン・ビール・日本酒等どんなお酒にも相性バッチリのおつまみです♪・・・ちなみに冷めても美味しく頂けます!!ポイントは軽くサッと揚げる事です。すぐ出来るので家で仕込んで持って行ってもOKだと思います♪
ミニテーブルを持って行くと雰囲気が出ます。
お花見弁当は華やかさの演出と、旬の食材の活用が不可欠。タケノコ、山菜等の入ったちらし寿司、グリンピースご飯、山菜おこわ、タケノコご飯。旬の食材の天ぷら、煮物。旬の果物のデザート。
ワインを大きなデカンタに入れ、その中に桜の花びらを数枚散らすと綺麗ですね。
夜桜のお花見は風情があってお酒もすすんでいいものですが、3月下旬はまだまだ寒いころです。なので、私は広口の大きな魔法瓶に温かいスープを入れてもっていきます。中でも、クラムチャウダーやミネストローネのような具だくさんのスープがワインによくあっておすすめです。
ワインにチーズは定番ですが、花見のような外で飲むときは、ソーセージや唐揚げ、チャーシューが合います。ワインはやや甘口の方が飲みやすいと思います。
昨年のお花見は娘達のクッキングトイを持ち寄り楽しみました。我が家からは、ふとまきまっきー(太巻きが簡単に作れるもの)とアイスマージュ(市販のアイスとお菓子を混ぜるもの)を持っていきました。一番人気はギガプリン(大きなプリンがつくれるもの)でした。
冷めてもおいしく食べられる物を作っていきます。いなり寿司や春色の色とりどりの具を巻いた太巻きは定番ですが、海老フライ&マヨネーズやとんかつなどの揚げ物巻きもご飯に巻かれていれば冷めていてもおいしく食べれるので大好評でした!
屋外では紙コップは基本ですが、たまにはグラスを持ち出してみませんか。見た目だけでなく、味わいもぐっと格をあげてくれます。我が家では、グラスに見えるメラミンカップを利用しています。喫茶店でよく見かけるあのグラスのような見た目の物。重ねて持っていけるし、ごみも減ってエコに貢献!
お花見は寒い時が多いので、魔法瓶に熱湯をいれ、焼酎のお湯割り良くやります。
屋外で食事をする時はあらかじめ出来上がったお料理を持っていくことが多いと思いますが、簡単なものならその場で作るのも楽しいと思います。ワインに合うディップを何種類か用意してその場でクラッカーなどにトッピングしてあげたり、サラダもいろいろなお野菜とハムやシーフードとドレッシングを持っていき少し大きめの器に盛り付けると華やかになります。
花見は夕方からの夜桜が一番きれいです。肌寒い感もあり、おつまみとしては「おでん」が一番合います。花見で飲み食いしやすいように全て串ざしがいいです。
花見の季節は夜寒いことが多いので、あらかじめ魔法瓶でホットワインを作ってもって行きます。
お花見はBBQをするのが定番です。お肉にビール、お酒に、つい忘れがちですが、甘い物を用意しておくと、後で嬉しいです。白玉粉を溶いて、薄力粉と赤い食紅をほん少量加え、ピンクにしてうす焼きにして、好きなフルーツや生クリーム、チョコやあんこなどを巻き、サランラップで個包装すれば、手軽なスイーツの出来上がり。毎年、大好評です。
屋外でワインを楽しむ場合、ちょうど飲み頃の温度にするのが難しくないですか?冷えすぎているのも嫌だし、ぬるいのは問題外ですよね。専用の持ち運びクーラーがあればいいけれど高価だし…。そこで簡単な方法。グレープフルーツなど柑橘系の果物を、前日から冷凍庫で凍らせておきます。当日、その柑橘類と一緒に大き目のビニール袋にワインを入れて持って行くだけ。ほどよく冷えた美味しいワインと、ほどよく解凍されたグレープフルーツがとてもよく合います。
料理ではありません!持ってゆくとき。ラップで包むことも多いかとおもいます。開け口が解らないのと上手く開けられないことがありませんか?その時、包み終わりの所の角に糊付きの付箋紙を内側から貼っておくと開け口がすぐにわかっって便利ですよ!
お弁当用のおしぼりを作るとき香りをつけます。緑茶、レモン、ハーブなどを使っています。寒い日ならおしぼりも熱く作って、ホットドリンクと一緒に断熱BOXに入れておきます。
お花見のマナー 1.桜の根元に座らない。2.桜の枝を折らない。3.ゴミを残さない。4.必要以上に場所を取らない。5.大騒ぎをしない。6.火のもとに気をつける。7.車でのアクセスはなるべく避ける。

このページのトップへ

[ここからフッタです。]

ページトップへ

先頭へジャンプ