[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

夏の特集

2018.06

自家製デリ(常備菜)

お洒落なカフェやデパ地下の惣菜コーナーで人気の“デリ”。ビールやワインなどお酒のおつまみにぴったりで、それでいてちゃんとしたおかずにもなるから重宝しますよね。そこで今月の特集は「自家製デリ(常備菜)」! おすすめの料理レシピはもちろん、お役立ち情報満載です!!

こちらもおすすめ

ワンポイント・コラム

デリ=常備菜づくりの基礎知識

冷めても美味しくて日もちもする「デリ=常備菜」。作るときのコツ、ストックするときのコツをそれぞれ簡単にご紹介します。

調理するときのポイント

水分を抜く・とばす
材料の中に水分が多く残っていると傷みやすくなります。まず下ごしらえ時、野菜や魚などは塩を振って水分を出すなどして余分な水分を抜きましょう。加熱のときには、焦げないように注意しながら、なるべく水分をとばすようにします。
塩・酢を活用する
塩は余分な水分を引き出すだけなく防腐作用もあります。酢にも殺菌作用がありますから、調味のときに塩や酢を上手に活用しましょう。
香味野菜や香辛料を活用する
しょうがやねぎなどの香味野菜やハーブ・香辛料には防腐作用もありますので上手に活用しましょう。
濃いめの味つけにする
醤油や味噌といった塩分を多く含むものや、砂糖などの甘い調味料は料理を日もちさせてくれます。料理をストックさせるときには少し濃い目の味つけにしましょう。
揚げ物は十分に揚げる
野菜類は水分が多いのでじっくりと揚げて水分を抜きます。肉や魚介類なども表面がカリッとするまでしっかり揚げておくとよく日もちします。

保存するときのポイント

よく冷ましてから容器に入れる
作った料理を常備菜として保存する際は、必ずしっかり冷ましてから保存用の容器に入れます。熱いうちに容器に入れると蒸気が水滴になって料理が水っぽくなり傷みの原因になります。また、容器も汚れと水分をよくふき取り清潔にしておきます。
空気を遮断し、密閉する
食品は空気に触れることで酸化して傷みやすくなります。保存袋などを使う場合はなるべく空気を袋から追い出すようにしてチャックを閉めましょう。ラップで包む場合もなるべくぴったりと包みます。
食べるときはちゃんと取り分ける
保存している料理を容器から取り出して食べるときは、清潔で乾いた箸やスプーンを使い、しっかりと食べる量をお皿等に取り分けてから、各々の箸をつけるようにします。

みなさまからお寄せいただいた“自家製デリ(常備菜)”に関するお役立ち情報

  • 缶詰のミックスビーンズやそのまま使える大豆の水煮と、玉ねぎ・人参・ピーマン・水菜などの生野菜を切ったものを、ポン酢に柚子コショウをといたものであえる。火も使わず、あっという間に出来ます。
  • 和の素材でも、ドレッシングやオリーブオイルだけで簡単に洋風になります。
  • 牛肉のしぐれ煮や、昆布の佃煮は日持ちするので、暇なときにたくさん作っておきます。
  • 夏は冷蔵庫に自家製ピクルスを数種類、常備しています。キュウリやセロリなど夏の食材で作ります。簡単に作れ、保存もできます。
  • 唐揚げに小麦粉と片栗粉を半々に使うとカラッと揚がります。
  • ゴーヤーの佃煮です。苦味もとれて最高です。
  • かぼちゃ、にんじん、さつまいも、じゃがいもなどを圧力鍋で蒸し、かるくつぶして、それぞれ小さな容器にいれ、冷蔵庫または冷凍庫で保存しておくと、いろいろな料理に使えて便利。
  • ジャーマンポテト。マスタードを効かせるとオシャレな感じになります。
  • 定番デリは、マカロニサラダです。たくさん作り、冷蔵庫に入れておきます。軽いランチの主食としてもつかえます。
  • 夏野菜のラタトュイユは冷やしておいしく、ビールのつまみにもぴったり。
  • 我が家のお薦めは、【ポテマヨ】。ゆでたじゃがいもをスライスし、塩、こしょう、ガーリックパウダーを少々。その上にマヨネーズをのせてオーブンで焼くだけ!簡単でビールのおつまみには最高!お好みでとろけるチーズを加えてもGood!
  • アサリのワイン蒸しが簡単です。オリーブオイルににんにくを入れて風味を出し、アサリを入れ、白ワインで蒸します。アサリが開いたら完成。最後にイタリアンパセリなどを添えると彩りもよいです。
  • 鶏肉の味噌漬けを常備しています。味噌に漬け込んでおくと日持ちもするし・・焼くだけで充分味も美味しいです。
  • 俗にいうミートソースもどきというものを、いつも常備するようにしています。スパはもちろんのこと、オムレツの具、グラタンの具、などに重宝します。なにより、残り野菜を使えることと、野菜ぎらいな子供に少しでも野菜がとれればと思っています。
  • 鶏ハム。鳥の胸肉を砂糖と塩を同量ずつまぶし、一晩冷蔵庫へ。翌日、ひたひたの水を鍋に入れて5分ゆでる。風味を足したければ、ハーブ、ねぎ、など臭み消しを入れる。あら熱が取れるまで放置。さめたら、ジップロックへいれて、冷蔵庫か冷凍庫で保存。冷蔵庫では3-4日OK.おいしいかたまりハムの出来上がり。
  • きんぴらを冷凍しておく。
  • 「デリ」とは呼べないですけど、超カンタン ビールがすすみまくるおつまみです。市販のさきいかをフライパンに油をしいて、焦げないように炒める。そこに七味唐辛子を振る。辛いのが好きな人はがんがん振る。以上です。
  • おすすめ料理という程でもないですが、これからの時期、酒のつまみには野菜スティックが定番です。すりおろしたにんにくと味噌、マヨネーズを混ぜあせたものをつけて食べます。美味しいです。
  • 冷やしトマトにみじん切りの玉ねぎと刻みのりをのせ、ポン酢をかけると、トマトも1品料理になっておいしい。
  • レンコンをすりおろし,からあげを揚げる要領で団子大の大きさに揚げ,レタスを5,6枚ちぎって盛り付けその上にレンコンの揚げ物をのせ,その上からあんかけソースをかけて,アツアツをいただきます。

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ