[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

[ここから本文です。]

レシピ提供
岩井 江里日

小鯵のオレンジ南蛮漬け

旬の小鯵とたっぷりの野菜を南蛮漬けにしました。オレンジを加えることで初夏らしくさっぱりした味わいになり、彩りも華やかに。低温でじっくり揚げるので、骨も食べやすくやわらか。小鯵の旨みを一匹まるごと楽しむことができます。作り置きができるのもポイント。

小鯵のオレンジ南蛮漬け

ジャンル 和食
作りやすさ ほどほど
調理時間 30分
カロリー 357kcal

この料理に合う飲みもの

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

印刷する

材料(2人分)

小鯵
約8~10尾(150~200g)
A(穀物酢:200ml、砂糖:100g、しょうゆ:70ml、白ワイン:大さじ2、赤唐辛子(輪切り):少々)
片栗粉
適量
オレンジ
1個(250g)
きゅうり
1本(100g)
セロリ(茎)
1本(100g)
新たまねぎ
1/2玉(100g)
にんじん
1/3本(50g)
かいわれ
1パック
サラダ油(揚げ油)
適量
  1. きゅうりは皮つきのまま、にんじんは皮をむいて千切りに、葉を切り落としたセロリは斜め薄切りに、新たまねぎは薄切りにする。野菜はすべて厚さ5mmに揃えて切る。鍋に合わせたAを入れて火にかける。沸騰したら火を止め、きゅうりとかいわれ以外の野菜を入れる。
  2. 小鯵の下処理をする。尾の付け根に包丁を入れ、刃先を前後に動かしながらゼイゴを削りとる。胸びれのつけ根に包丁を入れて頭とはらわたを切り落とし、内蔵をとって洗い、塩水(分量外)に10分ほどつける。水気をしっかり拭きとって片栗粉を全体にまんべんなくまぶす。フライパンに底から3~4cmくらいのところまでサラダ油を入れ、150~160℃に熱して小鯵を5分程度揚げる。油を切り、①に加える。
  3. オレンジの甘皮をむき、果肉と果汁を②に加える。粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やし、きゅうりを混ぜあわせ器に盛る。根元を切ったかいわれを添える。

ポイント&アドバイス

・小鯵は鯵でも代用できます。
・旬の時期は新たまねぎがおすすめですが、たまねぎでもOK。
・千切り野菜は長ねぎやパプリカを使ってもおいしい。器に盛る前にレタスなどを敷けばサラダ仕立てにもアレンジできます。

  • Facebook
  • Twitter
  • Line

[ここからフッタです。]

先頭へジャンプ